「老眼鏡をかけたら老眼が進むの?」

求人募集はこちら
あなたの目から学ぶ、
毎日の小さなサイン

column

  • 目の健康の神話と事実
  • 最終更新日:2024.06.30

「老眼鏡をかけたら老眼が進むの?」

「老眼鏡をかけたら老眼が進むの?」のイメージ画像

老眼は多くの人が40歳を過ぎた頃に経験する目の変化です。
老眼鏡を使い始めることで老眼が進むのかどうかという疑問は、多くの方が抱く心配の一つです。

この記事では、老眼と老眼鏡の関係について詳しく解説し、皆さんの疑問に答えます。


老眼とは?

老眼(遠近両用障害)は、加齢に伴って目の水晶体が硬化し、近くの物を見る際に焦点を合わせる能力が低下する現象です。
これにより、新聞の小さな文字やスマートフォンの画面がぼやけて見えることが増えます。


患者さんの声:「老眼鏡をかけたら、もっと老眼が進んじゃう?

これは多くの人が持つ誤解です。

結論から言うと、老眼鏡をかけることが老眼を進行させることはありません。
老眼は自然な加齢現象であり、老眼鏡を使用することによってその進行が早くなることはありません。

老眼鏡はただ、老眼によって引き起こされる不便さを軽減するためのものです。

老眼鏡の役割
老眼鏡は、老眼によって引き起こされる近方視力の低下を補うために設計されています。
近くの物を見る際に焦点を合わせる力をサポートし、視界をクリアに保つためのツールです。

老眼鏡を使用することで、読書や手元の作業が楽になります。


患者さんの声:「じゃあ、老眼はどうすれば防げるの?

老眼の進行を完全に止める方法はありませんが、以下の対策を講じることで視力を保つことができます:

  1. 定期的な目の検査:年に一度は人間ドッグや健康診断を受けましょう。早期発見と対処が大切です。
  2. 適切な眼鏡の使用:老眼鏡が合わなくなったら新しいものに変えることが重要です。眼鏡の度数が合っていないと、目の疲れを引き起こすことがあります。
  3. 目の疲れを避ける:長時間の近距離作業は避け、定期的に目を休ませることが重要です。
  4. 健康的な生活習慣:バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動は目の健康を保つために役立ちます。

患者さんの声:「目の検査って、本当にそんなに大事なの?

はい、定期的な目の検査は非常に重要です。
年に一度は人間ドッグや健康診断を受けることで、老眼やその他の目の病気を早期に発見し、適切な対処を行うことができます。
視力の変化は徐々に進行するため、日常生活で気付きにくいことが多いですが、定期的な検査で目の健康を維持しましょう。


・こちらもごらんください → 老眼ってなに?

INFOMATION

まい眼科クリニックのご案内

厚労省や医師会から、医療機関や介護施設等では新型コロナウイルス感染症の感染再拡大を防ぐため、
引き続きのマスクの着用が推奨されています。
当院では眼科の特性上顔がかなり近づきますので、5類移行後もマスクの着用をお願いしております。
皆さんに安心して受診して頂けるよう、ご協力お願い致します。

  • 所在地

    〒664-0027
    兵庫県伊丹市池尻1丁目27

  • 電話番号

    072-782-0182

  • アクセス

    電車でお越しの方

    電車でお越しの方

    JR・阪急「伊丹駅」から伊丹市バスで「昆陽里北」下車徒歩3分
    JR「中山寺駅」から伊丹市バス「昆陽里北」下車徒歩3分
    阪急「武庫之荘駅」西口から阪神バスで「昆陽里」下車徒歩2分
    阪急「西宮北口駅」から阪急バスで「昆陽ノ里」下車徒歩5分
    JR・阪急「宝塚駅」から阪神バスで「昆陽里」下車徒歩2分

    お車でお越しの方

    お車でお越しの方

    イズミヤ昆陽店の駐車場をお使いください。
    クリニックはイズミヤ昆陽店の駐車場のすぐ前になります。

診療時間 あさぎり病院

pagetop